カテゴリー別アーカイブ: イベント

2017年8~10月開催イベント

◆動物かんきょう会議 in 伊豆ユネスコ自然学校
 2017年10月21日(土)・22日(日)
 日本と世界の子供たちが地球の未来について
 話しあい、考えあいます
 詳細はこちらからご覧ください。


◆ 伊豆 ユネスコ クラブ 小林惠智代表による
『講演』日程スケジュール

日 時:8月31日(木)
対 象:足立区副校長会夏季研修会 講演
演 題:『哲学・道徳の教授法』


日 時:10月3日(火)
場 所:千葉県立鎌ヶ谷高等学校
対 象:高校3年生
演 題:『BtoB業務の内容とやりがいについて』


日 時:10月6日(金)
場 所:東京都大田区立蓮沼中学校 3年生全員
演 題:『中学時代に身に付けるべき社会的な力』


日 時:10月14日(土)
対 象:企業長期欠勤者
演 題:『ストレスを克服して再出発するための心理技術』


日 時:10月21日(土)
対 象:世界動物会議 世界の子供たち
演 題:『自然と人間の共生について』

2017年6月開催イベント

◆ 伊豆 ユネスコ クラブ 小林惠智代表による
『講演』日程スケジュール

日 時:6月9日(金)14:00~15:30 
    (講演85分、質疑応答5分程度)
主 催:岩手県産業教育振興会 
場 所:ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィング 
対 象:専門教育を行っている岩手県内の高等学校(農業、工業、商業、水産、家庭、看護、福祉等の専門学科および総合学科を設置する高等学校)長および団体会員
テーマ:「産業を担う人材育成について」


日 時:6月20日(火)13:00~14:30 (90分程度)
主 催:千葉県高等学校教育研究会進路指導部会 
場 所:千葉市生涯学習センター
対 象:千葉県内の公私立高等学校の進路指導主事 
    約200名

テーマ:
(1) 2020年度問題において、今後の高校生を取り巻く環境は、どのように変わるか
(2) 企業におけるアクティブラーニングはどのように活用されるか
(3) 今後の働き方は、どう変わるか

2017年4・5月開催イベント

『金管楽器を吹いてみよう!』
主催:伊豆ブラス 協力:伊豆ユネスコクラブ

伊豆ジュニアブラスという団体は、地域に使われずに眠っている金管楽器をメンテナンスにより蘇らせ息を吹き込み、伊豆の子供たち(小学3年生から6年生)に金管楽器を吹く楽しさを知ってもらい、情操教育の一環としてボランティア活動を続けている団体です。
第4回の体験会から一緒に活動します。
日本ユネスコ協会の寺子屋運動も連動して、書き損じ葉書の持ち寄りを同時に呼びかけています。

日 時:5月7日(日)(受付13:00から)
会 場:中郷文化プラザ 2階 多目的ホール
対 象:小学3年~6年
参加費:無料
持ち物:体育館シューズ、水筒、タオル
定 員:50名程度 
参加申込方法:メールまたはFAX 055-941-5873
       詳細はこちらをご覧ください


「ちょい乗りカヤック体験会」
日 時:2017年5月4日(木) 
9時~14時 天候により翌日開催の場合があります。安全を考慮して中止の場合もあります。
場 所:弓ヶ浜海岸
費 用:大人1000円  子供500円   保険代を含む
濡れてもよい服装でマリンシューズ・クロックスタイプの履物ビーチサンダルはダメ

主 催:南伊豆パドルスポーツ振興会
    0558-62-4109 担当 土橋
共 催:伊豆ユネスコクラブ
    0558-62-0299 担当 小林


「お花見カヤック体験会 第8回」

日 時:2017年4月1日(土)・2日(日)
9時~14時 天候により変更・中止
※4月1日は雨のため中止となりました。2日は予定通りです。
場 所:青野川 湊大橋~ふるさと公園
受 付:ふるさと公園 出逢い橋
駐車場:30台可
費 用:大人1000円 子供500円  保険代含む
持ち物:スポーツウエア・雨合羽上下・ウインドブレー
カー・ウエットスーツ・長靴マリンシューズ
など濡れてもよい服装で着替え・タオルを持参
ください。
予 約:不要

主 催:南伊豆パドルスポーツ振興会
    0558-62-4109 担当 土橋
共 催:伊豆ユネスコクラブ
    0558-62-0299 担当 小林


◆ 伊豆 ユネスコ クラブ 小林惠智代表による
『出張授業』の日程スケジュール

  • 5月26日(金) 東京都立第五商業高等学校
    対 象 :3年生
    テーマ : 「AI・ロボット時代2020年以降に
    求められる社会人像」

2017年2・3月開催イベント

◆ 伊豆 ユネスコ クラブ 小林惠智代表による
『出張授業』の日程スケジュール

  • 2月17日(金) 足立区竹の塚中学校
    対象 1年生
    テーマ:「中学時代に学んでほしいこと」

  • 3月3日(金) 大田区立蓮沼中学
    テーマ:「本当に大切なこととは」

  • 3月15日(水) 東京都立白鴎高等学校
    対象 1年生240名
    テーマ:「2020年以降の東京を考える」

  • 3月18日(土) 日本工業倶楽部
    経済同友会教育フォーラム
    テーマ:「勉強するのは何のため、働くとはどういうこと」

「2016 伊豆ユネスコカップ 第15回クリスマスドッジボール大会」が開催されました

12月24日に「2016 伊豆ユネスコカップ 第15回クリスマスドッジボール大会」(主催:静岡県ドッジボール協会 協賛:伊豆ユネスコクラブ)が、三島市民体育館で開催されました。

2016dodgeball01

静岡、愛知、山梨、神奈川、東京の一都四県からオフィシャル20チーム、ジュニア16チームの計36チーム総勢約500名が集まり、予選リーグ戦、決勝トーナメントと熱戦が繰り広げられ、オフィシャル、ジュニア共に「三島・金狼チーム」が優勝しました。

2016dodgeball02

三島・金狼チームは、安定した守備力とチームワークで接戦をものにしました。
会場では、審判員がサンタさんに扮して、審査したり、プレゼントを配ったりと大忙しでした。

2016dodgeball03

「子どもカヌーすいすいプロジェクト」船体ペイント

1月に伊豆ユネスコクラブのゲレンデに生えた高さ約15メートルの樹齢40年の杉の木を切り倒し、その1本の木から4人乗りカヌー(全長7・2メートル)カヌーを作り、10月8日子供達の手により色とりどりのペンキで、海や太陽が描かれ完成しました。

paint3

paint2

paint1

「子どもカヌーすいすいプロジェクト」の『ユネスコ号』船体ペイントの様子は、伊豆新聞に掲載されました。詳しくはこちらをご覧下さい。

手作りカヌーの進水式が開催されました

2016年11月6日

1月に南伊豆ユネスコクラブのゲレンデの山に生えた木を切り倒し、全長約7・2メートルの4人乗りカヌーに仕上げました。
進水式ではカヌーと海に塩とお神酒をまき、安全を祈りました。
会員や一般の参加者約30人は順番にカヌーに乗り、湾内を少しだけ航海しました。
小林代表は「お金を出して何でも買える時代の中、ゼロから作るという体験の場を提供できた。船体の色塗りなど、小さい子が共同作業ができたのが良かった」と話しました。

伊豆新聞にも掲載されました。こちらからご覧ください。

01

04

01

03

02

all