2017年『夏のこどもキャンプ』の様子

『森の学校』サマーキャンプ
開催日:8月11~13日
横浜・瀬谷自治会キャンプイン

伊豆ユネスコクラブ『南伊豆ゲレンデ』は、子供達に体験教育を施すと同時に、『子供に尊敬される大人』を支援する場です。
大人と子供が共働し、自分たちで調理をして、仲間に振る舞い作る歓びを体験させる『森の学校』。
野営や野遊びを体験しつつ、生命の故郷である自然と海の大切さを遊びを通じて学ばせ、子供たちに『生きている喜び』の体験を目的とした活動です。

seya00 seya02

seya01

参加人数は、子ども13人、大人12人。キャンプを設営後、子供達はゲレンデに点在するツリーハウスや山小屋、農場、各所を自由に巡って遊びBBQと花火。
2日目は朝から午後まで妻良海上アスレチックで思い切り楽しみ、夜のキャンプファイヤーの為に自分の松明づくりをそれぞれで作りました。夜はキャンプファイヤーと松Walkと焼きマシュマロを楽しみました。

seya03 seya04

seya05

seya07

seya06   seya08

 


『2017年親子サマーキャンプ』
開催日:8月10~12日
東京港区在住の親子によりキャンプイン

参加はパパ3人、ママ4人、6年6人、4年1人、2年1人、年長1人、年中1人。
初日は買い出しから始まり、子供達はフットサル。
同じ日にキャンプをしていた2つのグループが自然に合流しフットサルが始まりました。

tokyo00 tokyo01tokyo03

tokyo04 tokyo05

夜は各々トッピングをし、アツアツ出来立てピザとバーベキュー。花火、夜はこわい話で盛り上がり締めました。

翌朝天候が怪しかったのですが妻良(メラ)ビーチへ!水上アスレチックもあり、楽しみました。
夜はまたまたバーベキュー。最終日、昼食は大きな樽に山盛りソーメン祭り。
午後は子供達のリクエストで逃走中ごっこ。大人も本気で子供達追いかけ汗だく。
軍配は、ハンター大人の2連勝。子供達の数の方が多かったですが、大人が本気を出せばまだまだ負けません笑

夜はまたバーベキュー。夜は二日間の残りものを全投入したパエリアとソーメンの残りでソーメンチャンプル。
食材を一切無駄にしない、使い切る。主婦のアイディア満載でした。夜遅く東京へと帰りました。

tokyo06
tokyo08 tokyo07 

 

tokyo12 tokyo11

tokyo10 tokyo09